What‘s共同募金

★「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です。

共同募金シンボル=「赤い羽根」

「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。 1948年頃、アメリカでも水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。「赤い羽根」は、寄付をしたことをあらわす「共同募金」のシンボルとして幅広く使われています。

★共同募金は、10月1日から12月31日まで。

運動は、北海道から沖縄まで全国いっせいに行われます。 毎年1回、全国いっせいに募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間は10月1日~12月31日に決められています。 12月中は、歳末たすけあい募金も併せて行います。 また、この期間中以外でも、様々な寄付金を取り扱っています。

(共同募金)2010/10/13 15:53
赤い羽根共同募金

1947(昭和22)年に始まり、60年近くの歴史と実績のある全国的な募金活動です。 共同募金は、社会福祉施設の設備・備品などの購入や福祉団体の事業費に、また市郡町社会福祉協議会が実施する在宅福祉サービス事業やボランティア育成事業など、身近なところで生かされています。

平成27年度赤い羽根共同募金チラシ(能美市共同募金委員会)

(共同募金)2010/10/13 15:58
歳末たすけあい募金

共同募金運動の一環として地域住民やボランティア、民生委員児童委員、社会福祉施設、社会福祉協議会等の関係機関・団体の協力のもと、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが、地域で安心して暮らすことができるよう、住民の参加や理解を得て、様々な福祉活動を重点的に展開するものです。

(共同募金)2010/10/13 15:59