判断能力の乏しい高齢者や障害者の日常的な金銭管理のお手伝いを行い、その権利を擁護する相談窓口です。

【対象者】次に該当し、判断能力が十分でない方が対象です。
 ●もの忘れのある高齢者(認知症高齢者)
  ✿認知症高齢者については、診断の有無に関係なく対象になります。
  ✿在宅の方だけではなく、病院や施設に入っている方も対象になります。
 ●知的障害のある方、精神障害のある方
  ✿療育手帳や精神障害者保健福祉手帳をお持ちでない方も対象になります。
【サービス内容】
 ●日常的なお金の管理のお手伝い
  ✿毎日の生活の必要なお金の出入れ
  ✿医療費、電話料、税金などの支払い
  ✿年金や福祉手当の受取り
 ●大切な書類などのお預かり
  ✿年金証書、不動産権利書、保険証書など大切な書類
  ✿預金通帳や実印
  ✿大切な書類などをお預かりし、盗難や火災から守るため、金融機関の貸金庫
   等を利用して保管します。