福祉推進員とは

福祉推進員は、民生委員・児童委員や各種団体、ボランティア等と連携、協力をしながら、誰もが安心、安全に暮らせる福祉のまちづくりをすすめていきます。

福祉推進員は、町会、町内会を単位として組織されている地域福祉委員会の構成メンバーとなり、各町会、町内会の地域福祉委員会の活動に参加、協力をします。おもな活動は、以下のとおりです。

  1. 町会、町内会を範囲とした、要援護者(一人暮らし高齢者、高齢者世帯のみの家庭、障害のある方など)への見守り、声掛け、支え合い活動
  2. 地域で行われるふれあい福祉事業(いきいきサロン、見守り交流会活動など)
  3. 福祉の意識を地域で盛り上げる活動

福祉推進員は、町会、町内会長からの推薦により選出され、能美市社会福祉協議会が委嘱します。任期は2年となります。

(福祉推進員)2010/12/29 22:29
福祉推進員委嘱状交付式及び研修会を開催しました
 4月27日(金)に、寺井地区公民館において福祉推進員委嘱状交付式及び研修会が開催され、伴場博夫市社会福祉協議会会長より、福祉推進員126名に委嘱状が交付されました。その後の研修会では、事例を通しての説明があり、今後の活動についての理解を深めました。
24年度福祉推進員研修会 24年度福祉推進員研修会

当日の資料は、下記より閲覧できます。
見守りネットワーク活動のイメージ
福祉推進員とは
活動のポイント
見守り活動のチェックポイント
(福祉推進員)2013/06/17 09:40