令和2年6月6日(土)、7日(日)に実施したフードドライブで持ち寄られた食品は現在、「くらしサポートセンターのみ」を配布の窓口として下記の団体等へお配りしています。

・くらしサポートセンターのみ(自立相談支援機関)を通じて、生活の自立に向けて相談されている世帯や母子家庭へ

・子ども食堂ネットワークを通して、三道山子ども食堂等の活動団体へ

・能美市国際交流協会を通して、支援が必要な市内在住の外国の方々へ

食品を寄付してくださった方々より、

『困っている方の助けになれればと思い、食品を寄付します。』

『大変な世の中なので、食品を寄付することにより、皆様に元気を届け、少しでも支えになりたいです。』

とのあたたかい気持ちも届けられました。

食品を受け取られた方々より、

『レトルト食品や缶詰は、調理をしなくてもすぐに食べられるのでとても助かります。』

『寄付された食品を頂けると知り、利用しました。食べる物がなく困っていたので、嬉しいです。』

等の感謝の声をいただいています。

社会福祉協議会では、フードドライブが市民の自助互助のたすけあいの仕組みとし、支援を必要とする方々に食品が届くよう 集める側、利用する側が共に話し合う機会を作っていく予定です。

お知らせ)2020/07/03 08:30